http://zyun.info/

今回は月刊Zyungs. 初の対談企画が実現! そのお相手は、なんとZYUN.の楽曲『体温』のMVを手掛けた、堤 幸彦監督。堤監督といえば、『TRICK』シリーズや『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』といった人気テレビドラマや数々の劇場作品を手掛けてきた方。2人の天才クリエイターの次元を超えた対談をお楽しみください!
動画はデビュー1周年記念CDに収録されている「嘘をつくよ」をSongsNet スペシャルバージョンでお届けします♪

●これ、すごすぎて人に伝わるのかな(笑)。

ZYUN.「監督、今日はありがとうございます。監督とはpolka polkaというバッグのブランドがきっかけで出会うことができたんですが、僕、今まで芸能界の色んな方をテレビで見たりお会いしたりしても、ならなかった感情になったんですよ」

堤 幸彦監督(以下、堤)「昔、どこかで繋がってたんじゃない?」

ZYUN.「親子だったと思うんですよね」

堤「あなたが親だったかもしれない」

ZYUN.「そうか!」

堤「犬と飼い主かもしれないし、草と木かもしれない。色んな命があるからね。でも何かどこかできっと近いところにいたのかもしれない」

ZYUN.「そうですね」

堤「私も色んな人からCDなどをいただいて聴きますけど、何というか、脳なのか心なのか分からないけど、違うところにきたんですよ。あなたの音楽…的なものって。“音楽”って言ったら何だかすごく安くなるような気がして、あんまりそういうカテゴリーではないのかなって気がするんだけど。ライブを見ててもね、そんなふうに感じましたよ。これ、すごすぎて人に伝わるのかなって懸念すら(笑)」

ZYUN.「とんでもないです(笑)」

堤「あなた、日本にいる必要あるのかなって。ごめんね、余計なことだけど(笑)」

ZYUN.「大丈夫です。監督はファミリーなので(笑)」

堤「日本は母国。どこに行っても帰ってくるのはここなんだけど、日本って島でしょう? 島から出るっていうのは、人も経済も文化も、結構大変なんですよ。見えない壁を乗り越えることが。日本の“国境観”とか“島国観”みたいなものが、映画にしても音楽にしても、3割くらい作品をダメにしている気がするんです」

ZYUN.「あぁ、なるほど!」

堤「ヨーロッパとかアメリカとか、そういうところに1年ぐらい行ってみたらどうかなって(笑)」


※続きは月刊Songs2017年11月号をご覧ください。

ページを閉じる

Topページを開く